水彩画のスケッチブックを水彩絵で埋めていく

美味しいスイーツや可愛い動物、季節の花をスケッチブックに描いていったり、好きな小物のイラストを描いてみたりしています。インスタグラムやお絵かきSNSにアップロードして、反響を見たりするのですが、趣味の友達が出来てとても充実しています。Art−materさんで販売もしています。薔薇の絵が売れた時は、購買者の方が額に飾って掲示板に感想を書き込んでくださったのがとても励みになりました。ホルベインの水彩絵の具を愛用していまして、紙にもこだわりがあり、フランス産のアルシュを使用しています。筆も安価なものから高価なものまであるのですが、水彩は安い道具で気軽にスケッチができるので、旅先に持って行って少し描くだけも簡単です。風景画では京町屋や神戸の南京街、海辺や夕焼けの浜を描いたものもいい記念になっています。水彩画のスケッチブックのページがどんどん埋まっていくのも楽しいです。自分のアートブックができたみたいで楽しいです。